【お知らせ】10/21 東京 第2回 日本クリエイティブ・アーツセラピー学会学術大会を開催いたします

【第2回学術大会の概要】

クリエイティブ・アーツセラピー(CAT)の事例紹介や実践報告、他職種の方々との対話を通して、CATの取り組みや役割を知り、学びを深める一日です。

日時:2018年10月21日(日)10:00~16:15(開場:9:30)
会場:東京大学本郷キャンパス 教育学部
受付158教室(赤門を入り左斜め前方のレンガ建物1階)
本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線・大江戸線)徒歩8分
参加費:5,000円(会員)8,000円(非会員)
お問い合わせ:event@jcata.org
主催:日本クリエイティブ・アーツセラピー学会(JCATA)

【お申込み方法】 ※9/24より申込みを開始しております。
・お名前、ご所属、ご連絡先(メールアドレス・電話番号)、会員/非会員、参加ご希望の分科会を第二希望まで(※)ご記入の上、メール(event@jcata.org)までお申し込みください。

※事前にお申し込みの方は分科会の予約ができます。
・参加費のお振込案内をいたします。お振込み後、参加費は原則として返金できません。ご了承ください。

【プログラム】

〇10:00-12:00 パネルディスカッション:「クリエイティブ・アーツセラピーの今、そして未来」

クリエイティブ・アーツセラピーが実際にどの様な役割を担い、役立てられているのか。どんな現場があるのか。現場における協力体制はどのようなものなのか。3人のパネリストから実践や経験談を伺います。現場でのCATについて実践を通して知り、今後の発展の可能性がどこにあるかをみなさんで考えていきましょう。

パネリスト 

小野京子 臨床心理士/表現アートセラピスト

長江朱夏 音楽療法士 

石川見佳 作業療法士

モデレーター 

神宮京子 ダンス/ムーブメントセラピスト

 

〇13:00-15:00 分科会:実践から学ぶ・体験する

分科会① ダンス/ムーブメントセラピー (定員20名)
「心と身体の繋がりを促す動きと対話のサポート」
講師 高井彩加 ダンスムーブメント心理療法士

分科会② アートセラピー(定員15名)
「精神科病院でのアートセラピーの実践~体験を通して~」
講師 斎藤佐智子 アートセラピスト/臨床心理士

分科会③ 音楽療法(定員15名)
「クライアントが即興活動へ取り組みやすくする工夫」
講師 長江朱夏 音楽療法士

〇15:15-16:15 全体会/交流会
クリエイティブ・アーツセラピーを生かす様々な体験や、参加者みなさまの日頃の実践を分かち合い、これからの原動力としてまいりましょう。
ファシリテーター:神宮京子

********************************************